奈良興福寺をOM-D E-M1 MarkⅡで撮ってきました

ここんにちは、だいひょうです。

昨日の猿沢池の続きです。

興福寺

法相宗の大本山である興福寺。その前身である「山階寺(やましなでら)」は、天智8年(669)に藤原鎌足が重い病気を患った際に、夫人である鏡女王が夫の回復を祈願して、釈迦三尊や四天王などの諸仏を安置するために造営したものと伝えられており、この名称は後世においても 興福寺の別称として使われています。そして、壬申の乱(672)の後、飛鳥に都が戻った際に、山階寺も移され、その地名を取って「厩坂寺(うまやさかでら)」と名付けられます。さらに、和銅3年(710)、平城遷都の際、藤原不比等の計画によって移されるとともに、「興福寺」と名付けられました。
その後は、天皇や皇后、また藤原氏の手によって次々に堂塔が建てられ整備が進められ、奈良時代には四大寺、平安時代には七大寺の一つに数えられ、特に摂関家・藤原北家との関係が深かったために手厚く保護され、寺勢はますますさかんになります。
平安時代には春日社の実権を手中におさめ、大和国を領するほどになり、また、鎌倉幕府・室町幕府は大和国に守護を置かず、興福寺がその任に当たりました。文禄4年(1595)の検地では「春日社興福寺」合体の知行として2万1千余石と定められ、徳川政権下においてもその面目は保たれました。
その後、明治政府による神仏分離令や社寺領上知令に伴う廃仏毀釈などにより興福寺は苦境に立たされましたが、寺僧や有縁の人々の努力で復興が進展し、新たな興福寺としてその歴史を刻み続けています。

興福寺HPより

奈良と言えば東大寺が有名ですが、興福寺の方が凄かったりします。

ということで興福寺に向かいました。

興福寺
興福寺

五重塔。国宝です。

興福寺

別アングルで。

子供のころから見慣れた景色。改めてみるとほんとに大きくて立派です。

興福寺

撮影中に遊びに来てくれました。残念ながら鹿せんべいは持ってなかったのでそっぽ向かれました(;^_^A

興福寺

太陽と共に。

興福寺

太陽を透かしてみました。

興福寺

またまた鹿が近づいてくれました。奈良の鹿は野生動物ですが、人懐っこいです。でも鹿せんべいをポケットとかカバンに隠し持っていると襲われます(;^_^Aご注意を。汚れてもいい格好をお勧めします。

興福寺

鹿せんべいを出せと言っています。持ってません(;^_^A

興福寺

東金堂。こちらも国宝です。

元正太上天皇の病気全快を願って造立

 中金堂の東側にある金堂で、東金堂と呼ばれる西向きのお堂です。神亀3年(726)聖武天皇が叔母の元正太上天皇の病気全快を願って建立されました。創建当初は床や須弥壇などに緑色のタイル(緑釉塼/りょくゆうせん)が敷きつめられ、薬師如来の東方瑠璃光浄土(とうほうるりこうじょうど)の世界が表されていたと言われています。
その後5度の被災・再建を繰り返し、現在の建物は室町時代の応永22年(1415)に再建されました。前面を吹き放しとした寄棟造で、組物である三手先斗栱(みてさきときょう)が多用されるなど、創建当初の奈良時代の雰囲気を色濃く伝えます。堂内は室町時代に造立された本尊薬師如来坐像を中心に、日光・月光菩薩(にっこう・がっこうぼさつ)立像、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)坐像、維摩居士(ゆいまこじ)坐像、十二神将立像、四天王立像などを安置しています。

興福寺HPより

普通に1300年前からあるとか凄いですね。

奈良はどこを歩いても国宝や重要文化財に出会えます。逆に凄さが分からなくなります(・・?

こちらもいつもはツアー客が沢山いて人の入らない写真は撮れないですが、今日は人が余り居なかったのでいいアングルで撮れました。

次回は中金堂の中に向かいます。

それでは。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
応援頂けると嬉しいです。

写真日記ランキング

よろしければこちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
ソーシャルボタン
こちらも応援していただけると嬉しいです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です