OM-D E-M1 MarkⅡの便利機能紹介『深度合成』

深度合成

Olympusのミラーレス一眼カメラ『OM-D E-M1 Mark II』を普段メイン機として使っていますが、せっかくなのでいろいろな機能を使いこなそうと思い色々試しています。

その中で今回は『深度合成』機能をご紹介します。

『深度合成』とは?

ピント位置を少しずつずらしながら撮影して合成し、手前から奥まで広い範囲にピントが合った1枚の画像を作成する機能です。合成された写真は画角が少し狭くなります。

まずは普通に絞り値:f/2.8で撮影。

深度合成
絞り値:f/2.8

目の部分のピントが甘くなっています。

深度合成
絞り値:f/2.8

こちらが『深度合成』をした画像です。同じ絞り値:f/2.8でも頭の部分全体にピントが来ています。

これを普通に絞って撮ると…

深度合成
絞り値:f/8

絞り値:f/8で撮りました。背景のボケ量が減ってしまいました。

背景をぼかしたいけど絞ってで撮りたい…という時には『深度合成』便利ですね。

『深度合成』の設定方法

深度合成

MENUボタンを押してメニューを出します。→「撮影メニュー2」の「ブラケット撮影」を「On」にします。

深度合成

「Focus BKT」を「On」にします。

深度合成

「深度合成」を「On」にします。ここで撮影枚数なども変更できます。

深度合成

最後に「On」を選べば設定完了です。

『深度合成』に対応するレンズがあるので事前にチェックすると良いですね。

対応一覧はこちら→深度合成モードに対応する M.ZUIKO DIGITAL レンズ

今回はOM-D E-M1MarkⅡの便利機能『深度合成』をご紹介しました。

OM-D E-M1MarkⅡにはまだまだ素晴らしい機能がたくさんあるのでまた紹介したいと思います。

それでは。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
応援頂けると嬉しいです。

写真日記ランキング

よろしければこちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
ソーシャルボタン
こちらも応援していただけると嬉しいです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です