2021
2
May

photograph, 植物

RAW現像で印象を変えてみました

庭の黄色い花

OM-DE-M1MarkⅡを使っていた時には基本的にJPEG撮って出し派でカメラの設定で色をいじっていましたが、EOSR6に変えてからはRAW現像も勉強する様になりました。

まだ勉強中で手探り状態なのでなかなか思い通りの色が出せないのですが、それはそれで楽しんでいます。

RAW現像の良いところは後で印象をガラッと変えることができる事ですね。

モノクロ

この写真は最初はモノクロで撮りましたが、後でカラーに変えています。

庭の黄色い花

こんなことができるのもRAW現像ならではですね。

ちなみにこの日は晴れていたのであえて水を上げた後に水滴を入れて撮りました。

色味を後から買えられるという事は撮るときには構図に集中できるのでより考えて撮るようになりました。

先日本屋さんで「Lightroom&Photoshop プリセットコレクション 01 レジェンドフォトグラファー」という本を見つけました。

14種類のプリセットをダウンロードできるという事で買ってみました。

色々な高名な写真家の色味を再現できるのでいろいろなプリセットを試してみたくなります。

いつかは自分で1からこんな色が作れる様になりたいですね。

当面の目標は自分の好きなこの空色を再現できることですね。

ソライロ

RAW現像後の写真はgalleryページでも公開中です。

是非ご覧ください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。