興福寺の中金堂から三重塔へ

こんにちは、だいひょうです。

昨日の興福寺の続きです。

五重塔を堪能した後は中金堂に参拝しました。

中金堂

興福寺

中金堂は興福寺伽藍の中心になる最も重要な建物で、寺伝では創建者を当時の日本の律令制度をまとめ、藤原氏の栄光の基礎を築いた藤原不比等(ふひと)とします。創建当初の中金堂の規模は当時の奈良朝寺院の中でも第1級でした。当時は丈六釈迦如来像を中心に、薬王(やくおう)・薬上菩薩(やくじょうぼさつ)像と十一面観音菩薩像を脇侍(わきじ)に従え、四天王像、さらに養老5年(721)に橘三千代が夫不比等の1周忌に造立した弥勒浄土変の群像も安置されていたといわれています。

以後、創建より6回の焼失・再建を繰り返し、享保2年(1717)に焼失した後は財政的な問題により再建が進まず、およそ100年経過した後に町屋の寄進により規模を縮小した「仮堂」を文政2年(1819)に再建します。しかし、あくまで仮設としての建立であったため、長期使用を想定しておらず、材木には不向きなマツが使われるなどしたため、急速に老朽化が進みます。そして、創建当時の様式で復元すべく、この仮堂は平成12年(2000)に解体しました。その後、発掘調査を経て、平成22年(2010)の立柱式、平成26年(2014)の上棟式を経て、平成30年(2018)に再建落慶を迎え復元されました。

興福寺HPより

中には像高283.9cmの『木造 釈迦如来坐像』を始め国宝の『木造 四天王立像』や重要文化財の『木造 薬王・薬上菩薩立像』などが安置されています。

興福寺

拝観料:大人500円
拝観時間:9:00~17:00(受付終了は16:45まで)

興福寺

全景。

興福寺

鴟尾(しび)に反射した光を撮りたかったけど失敗…

興福寺

正面から。立派な建物です。

興福寺

中金堂の中から五重塔と東金堂を撮りました。

貴重な仏像も見れて大満足でした。

中金堂の後は南円堂に向かいました。

途中で日陰で鹿たちが休憩中でした。カメラ向けても興味なし。警戒心も無しでした(;^_^A

興福寺
興福寺

地面すれすれから攻めてみました。休憩中失礼しました。

南円堂(重要文化財)

興福寺

南円堂は「西国三十三所」の第九番札所として人々の参拝が多い御堂です。この堂は弘仁4年(813)藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父の内麻呂(うちまろ)追善のために建立しました。基壇築造の際には地神を鎮めるために、和同開珎や隆平永宝を撒きながら築き上げたことが発掘調査で明らかにされました。また鎮壇には弘法大師空海が大きく関わったことが伝えられています。当時の興福寺は藤原氏の氏寺でしたが、藤原氏の中でも摂関家となる北家の力が強くなり、北家の内麻呂・冬嗣親子ゆかりの南円堂は興福寺の中でも特殊な位置を占めました。本尊である不空羂索観音菩薩(ふくうけんさくかんのんぼさつ)が身にまとう鹿皮(ろくひ)は、神に仕える鹿への信仰、つまり氏神である春日社との関係により、藤原氏の強い信仰を集めました。現在の建物は創建以来4度目のもので、寛保元年(1741)に立柱、寛政元年(1789)に再建されました。再建には古代・中世の北円堂などの円堂を参考にしたと考えられていますが、正面(東)には間口1間・奥行2間の「拝所」があり、唐破風(からはふ)が付いているなど、江戸時代の細部様式もよく表しています。

現在の内陣には本尊の不空羂索観音菩薩坐像を中心に、四天王立像、法相六祖坐像が安置され、これらは全て慶派仏師の康慶(こうけい)一門による制作とされています。

興福寺HPより
興福寺
興福寺
興福寺

この階段を登ったら南円堂。途中で左にそれたら三重塔です。

三重塔(国宝)

三重塔

 康治2年(1143)に崇徳(すとく)天皇の中宮の皇嘉門院(こうかもんいん)聖子が建て、治承4年(1180)に焼失し、間もなく再建されたと言われています。北円堂と共に興福寺で最古の建物。木割が細く軽やかで優美な線を醸し出し、平安時代の建築様式を伝えます。

興福寺HPより

興福寺で最古の建物だそうです。

実は長らく奈良に住んでいながらこの塔の存在をこの日に初めて知りました。

まだまだ新し発見が尽きない奈良、奥が深いです。

それでは。

興福寺のHPはこちらです→興福寺HP

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
応援頂けると嬉しいです。

写真日記ランキング

よろしければこちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
ソーシャルボタン
こちらも応援していただけると嬉しいです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です